東北大学MOOC 2021LineUp

東北大学MOOC LINEUP

2021年度開講スケジュール

すきま時間を有効活用!
オンラインで大学講座を受講してみませんか?
✨講座はどなたでも受講無料です✨

東北大学MOOC 2021LineUp

東北大学で学ぶ高度教養シリーズ

【社会の中のAI~人工知能の技術と人間社会の未来展望~】 受講登録受付中!
■開講日
2021年9月8日(水)
■講座内容
 本講座は、受講生の皆様の暮らしの一助となることを目的に、放射線や放射性物質の基礎に加え、理学、医学、工学を専門とする教員個々の放射線に関する認識を紹介しております。
■講師
[工学研究科]金子俊郎 教授グループ
[医学系研究科]中山啓子 教授グループ
[文学研究科]佐藤嘉倫 教授
[教育学研究科]渡部信一 教授 小嶋秀樹 教授
■対談
[東北大学総長]大野英男
[東北大学病院長]冨永悌二
企業専門家 他
放射線安全社会入門

【家族と民法】
■2021年10月開講予定
■講座内容
 夫婦はお互いに協力し合い、親は子を育てる義務を負っています。これらの家族間の権利義務を定めているのは、民法です。民法が、家族をどう定めているか見てみましょう。
■講師
[白鷗大学]水野紀子教授(東北大学名誉教授)
家族と民法

【男と女の文化史】  受講登録受付中!
■開講日
2021年7月14日(水)
■講座内容
 本講座は、人間社会を構成する「男」と「女」への検討を通して、人間とは何か、社会とは何か、歴史とは何か、といった「世界観」再構築の確かな「材料」の提供を意図したものです。全4週の講義は、それぞれにスリリングで「知」的な視点・技術で探求し、従来にない「男と女のドラマ」を再現しました。皆さんの「世界観」の構築の際の参考になれば幸いです。
■講師
[文学研究科]高橋章則教授、嶋﨑啓教授、横溝博教授
[東京大学]芳賀京子教授
男と女の文化史

【memento mori-死を想え-】
■講座内容
 メメント・モリというラテン語は「死を想え」、つまり現在は幸せに生きている自分自身もいずれは死を迎えることを忘れるな!という警句です。人は自己の死を経験することはできません。そのため「死とは何か」の正解を知らないまま、人は他者の死を通じた文化を創造してきました。本講座では、宗教民俗学的観点から「死」について考えます。
■講師
[教養教育院]鈴木岩弓 総長特命教授
memento mori

東北大学サイエンスシリーズ

【放射線安全社会入門~リスクの知見を暮らしに~】
■2022年1月開講予定
■講座内容
 本講座は、受講生の皆様の暮らしの一助となることを目的に、放射線や放射性物質の基礎に加え、理学、医学、工学を専門とする教員個々の放射線に関する認識を紹介しております。
■講師
[工学研究科] 新堀雄一教授
[理学研究科] 田村裕和教授
[医学系研究科]細井義夫教授
放射線安全社会入門

【進化発生学入門-恐竜が鳥に進化した仕組み-】  受講登録受付中!
■開講日
2021年8月18日(水)
■講座内容
 恐竜から鳥類への進化過程で、恐竜はどのようにその形態を鳥に変化させたのか。形づくりの現場である発生過程から、動物の進化の仕組みについて解説します。
■講師
[生命科学研究科]田村宏治教授
進化発生学入門

【銀河考古学入門~銀河の形成と進化を辿る~】
■2021年11月開講予定
■講座内容
 「銀河考古学」とは,銀河をその骨格である恒星に分離し,個々の恒星の性質に基づいて銀河の形成進化を追跡する天文学の一分野です。銀河系に代表される銀河は,どのようにして生まれ,どのように進化して今の形になったのでしょうか。銀河にある化石のような古い星ぼしから銀河の歴史を読み解いてみましょう。
■講師
[理学研究科]千葉柾司 教授
銀河考古学入門

【東日本大震災の教訓を活かした実践的防災学へのアプローチ-災害科学の役割】  受講登録受付中!
■開講日
2021年6月9日(水)
■講座内容
 東日本大震災による被害と教訓、復旧と復興の現状、解明されつつある過去の履歴や将来予測を紹介します。国際的な防災取り組み、伝承に挑む活動、避難訓練事例を通じて実践的防災学を展望します。
■講師
[災害科学国際研究所]
今村文彦 教授
佐藤翔輔 准教授
安倍祥研究員(※所属は収録当時)
[東京大学]
後藤和久 教授
銀河考古学入門実践的防災学

【解明:オーロラの謎】
■講座内容
 地球や木星、土星で見られるオーロラは、どうして光るのでしょうか? 最新の人工衛星と地上望遠鏡の成果を紹介しながら、オーロラの原因である太陽表面の変動とともに、わかりやすく解説します。
■講師
[理学研究科]小原隆博 教授
オーロラの謎