東北大学で学ぶ高度教養シリーズ

2022年10月5日開講
東北大学で学ぶ高度教養シリーズ 第5弾「化粧で学ぶ心理学」

東北大学で学ぶ高度教養シリーズ第5弾
「化粧で学ぶ心理学」

講師
[文学研究科] 阿部恒之 教授

開講日:2022年10月5日(水)
募集開始日:2022年7月6日(水)

講座概要

化粧は古今東西,人類の暮らしと共にあり続ける馴染み深い習慣です。心理学のメインテーマではありませんが,心理学の多様な領域に関わる対象なので,化粧に関する心理学的な研究を通じて,心理学の様々な領域を学ぶことができます。
この講座では,私が行ってきた化粧の心理学的研究についてお話しします。心理学領域だけではなく,歴史や文化にも触れます。また,少し寄り道して,化粧を考えるうえで重要な,ストレスや感情の心理学にも触れたり,化粧研究が社会の中でどのような活用をされているかについてもご紹介したいと思います。

第1週:「化粧の歴史と文化」
化粧の歴史と文化について学びます。動物や太古の人類の化粧から,現代の化粧までの長大な歴史を概観します。そして,西洋と日本の化粧意識の違いや,健康と美しさの概念の変化などについて考えてみたいと思います。

第2週:「化粧の生理心理学」
化粧の生理心理学について学びます。ストレスや感情に関する心理学をおさらいしたうえで,スキンケアによってストレスが緩和される仕組みを考えます。また,フレグランスに関わる香りの心理学についてもご紹介します。

第3週:「化粧の知覚心理学」
化粧の知覚心理学について学びます。メーキャップは,極論すると,顔の上に色を置くだけの行為です。にもかかわらず,目が大きく見えたり,印象がガラリと変わったりします。錯覚の心理学を踏まえて,この不思議なメカニズムを考えます。

第4週:「化粧の社会心理学」
化粧の社会心理学を学びます。化粧を用いて心の健康を回復する化粧療法,震災の時に化粧は何をもたらしたのか,アンチエイジングへの疑義など,社会における化粧の役割を広く考えます。そして,化粧は人類に何をもたらしているのか,ここまでの講義の総まとめを行います。